Category No.メドック地区  

 シャトー・ベルナドット 2006

8/4

CHÂTEAU BERNADOTTE 2006
Roi de Suede et de Horvege de 1818 a 1844

生産者: ロデレール社
産 地: フランス ボルドー メドック
格付け: A.O.C.オーメドック
品 種: カベルネソーヴィニヨン46%、メルロー51%、プティヴェルド3%
熟 成: オーク樽12ヶ月~18ヶ月熟成
タイプ: フルボディー
ALC: 13%
購入額: 2,138 円
購入店: うきうきワインの玉手箱
シャトー:ベルナドット 2006

スウェーデン王室ご用達

ピション・コンテス・ドゥ・ラランドの弟分

この2006年にパーカーポイント87点

シャトー:ベルナドット 2006

色は、中ぐらいの濃さで、濁りのある、紫がかった赤

シルキーな舌触りで、粘性があり、涙も普通にある。

澱は、ない。

シャトー:ベルナドット 2006

香りの質も量も中くらい。

杏子の種、ベリー系、ブラックチェリー、パパイヤ、プラム

アスパラ、わら、ブロッコリー、胡椒、馬の汗、煙 までは良しとして、

クレゾール、セメダインなどの焦焙性、科学性の香りがいただけない。

シャトー:ベルナドット 2006

アタックはしっかりとしていて、ミディアムボディー

ぶどう本来の甘さや、渋さは控えめで、

酸味がやや強めで、アルコール感が強い。

余韻の長さも普通で、やや不愉快感あり。渋みが口に残る。

2千円以上なので、星二つ。ハズレ感あり。

シャトー:ベルナドット 2006
現在楽天で販売中の「シャトー・ベルナドット」

  更新の励みになります。
 ↓ポチッと↓お願いします↓ポチッと↓  <(_ _)>
人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの殿堂へ JRANK
↑ランキングに参加しております。↑応援クリックよろしくお願いいたします。↑



 シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010

8/1

CHÂTEAU LA TOUR DE MONS 2010 MARGAUX

生産者: グランクリュ・アンヴェスティスマン
産 地: フランス ボルドー メドック マルゴー
格付け: A.O.C.マルゴー クリュ・ブルジョワ
品 種: メルロー49% カベルネ・ソーヴィニョン37% ブティヴェルド8%、カベルネ・フラン6%
平均樹齢:平均樹齢は32年
タイプ: フルボディー
ALC: 13.5%
購入額: 2,678 円
購入店: うきうきワインの玉手箱
シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010

面積35haの名の通ったクリュ・ブルジョワ・シュペリール。

1995年以降、新たにタルボーの影響が及ぶようになり、

かつてのように力強くてかぐわしく、

熟成に値するスタイルのワインに戻りつつある。

との、評価とのことです。

シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010

マルゴーの2010年 1月に 2,678円で購入し、

寝かせておこうと思っていたのですが、

つい、つい、飲んでしまいました。、

シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010

色は、中ぐらいからやや淡い赤

若さいっぱいの、赤紫色ではない。

粘性は、あまり感じず、涙ははっきりと表れる。

シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010

開栓直後から、心地よい香りが立ち上がる。

さすが!と、一言

チェリー、ブラックベリー、ブルーベリー、かすかにストロベリー

腐葉土、なめし革、バター、インク、トースト、煙

シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010

アタックはしっかりとしています。

すでに丸みを帯びて、ミディアムボディー

渋みと甘さがしっかりあり、酸味が中ぐらい、

アルコール感がすでに落ち着いている。


シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010

6年目で、すでに最初の飲み頃。というか、

今後に期待して、この辺で、一回飲んでみてと言わんばかりの状態。

3千円以下で、さすがのクオリティーです。

2010年ラ・トゥール・ド・モン 買いです!

シャトー・ラ・トゥール・ド・モン 2010
現在楽天で販売中の「シャトー・ラ・トゥール・ド・モン」

  更新の励みになります。
 ↓ポチッと↓お願いします↓ポチッと↓  <(_ _)>
人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの殿堂へ JRANK
↑ランキングに参加しております。↑応援クリックよろしくお願いいたします。↑



 レ・オー・ド・ランシュ・ムーサス 2005

2/6

LES HAUTS DE LYNCH-MOUSSAS 2005

生産者: シャトー・ランシュ・ムーサス
産 地: フランス ボルドー メドック ポイヤック
格付け: A.O.C.オーメドック
品 種: カベルネソーヴィニヨン70%、メルロー30%
タイプ: フルボディー
ALC: 13%
購入額: 円
購入店:
レ・オー・ド・ランシュ・ムーサス

メドック格付け第5級、ポイヤックの「シャトー・ランシュ・ムーサス」が

2001年から造り始めたセカンドワイン。

IMG_20151002_221225

何といっても出来の良い2005年ヴィンテージ

ポイヤックのシャトー・ランシュ・ムーサスの畑と

サン・ソヴィール村の畑から収穫される葡萄で造られています。

ボルドー大学醸造学博士でグランクリュ委員会会長でもある

フィリップ・カステジャ氏が手掛けた赤ワイン

宣伝文句は、これで十分ですよね。

IMG_20151002_221320

上質なコルクです。さすがです。

10年以上経過していますが、リコルクされたかのようにきれいです。

瓶詰めされてから、何年経過しているのでしょうか?

レ・オー・ド・ランシュ・ムーサス

色は、やや濃い目の澄んで紫がかった赤。

多少の粘性もある感じで、涙もそこそこはっきりしています。

レ・オー・ド・ランシュ・ムーサス

開栓直後から、さすがの香りを放ちます。

チェリー、プラム、ジャム、腐葉土、なめし革、バニラ、胡椒

ベリー系の果実香と樽香がバランスよく

ボルドーの王道の大好きな香りです。

IMG_20151002_221236

アタックは、ふくよかで、

丸みを帯びているもののはっきりしたタンニンと

多少強めの酸味がうまくマッチしています。

嫌なアルコール感はなく、ボディーしっかりもあります。

余韻は、長いとは言わないが、心地よく、

ブドウ本来の甘さとうまみが後味に来ます。

リーズナブルな価格でいただける、このクラスのセカンドワインは、

私のような、貧乏ワインファンには、うれしい限りです。

IMG_20151002_221314
現在楽天で販売中の「レ・オー・ド・ランシュ・ムーサス」

  更新の励みになります。
 ↓ポチッと↓お願いします↓ポチッと↓  <(_ _)>
人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの殿堂へ JRANK
↑ランキングに参加しております。↑応援クリックよろしくお願いいたします。↑



 シャトー・バラトー 1999 オーメドック クリュ・ブルジョワ

1/25

CHÂTEAU BARATEAU 1999

生産者: ルロワ家 (醸造家エリック・ボワスノー)
産 地: フランス ボルドー メドック サンローラン村
格付け: A.O.C.オーメドック クリュ・ブルジョワ
品 種: カベルネソーヴィニヨン50%、メルロー48%、プティ・ヴェルド2%
熟 成: オーク樽12ヶ月熟成
タイプ: ミディアムボディー
ALC: 13%
購入額: 2,138 円(2011年1月購入)
購入店: うきうきワインの玉手箱
シャトー・バラトー

醸造家は、シャトー・マルゴーやレオヴィル・ラスカーズを手掛ける

天才醸造家エリック・ボワスノー氏

シャトー・バラトー

サンジュリアンに達する丘の上、

サンローラン村(サン・ソヴール)に位置し、

国道をはさんでシャトー・ラグランジュの畑の向かい合う

素晴らしいテロワールの約24haの畑

との事です。

まあ、ここまで、宣伝されりゃ、買いますよね。

シャトー・バラトー

なんか、食事も終え、しばらくして、寝る前に一杯と言うことで、

古酒というか、熟成ボルドーを飲もうかとあさっていると、

1999オーメドックを発見。

いつ買ったのか購入履歴を見てみると、なんと2011年1月

我が家のへなちょこセラーに、丸5年も寝ていた代物です。

シャトー・バラトー

さすがのロングコルクも、5年も寝ていますと、

動かさなくても、さすがに、しみだす寸前。

到着時には、こんなだったのか?

我が家の5年が悪かったのか?(ギリセーフですが・・・)

湿度も完璧コントロールして、コルクの状態も保つような

高級セラーじゃない悲しさかな??

シャトー・バラトー

色は、まだまだ、若く、中ぐらいの濃さの紫がかった赤。

多少、曇りがあり、澄んではいない。

粘性があるわけではないが、まだまだ、涙もはっきりしている。

エッジも、レンガ色に変化している感もほぼない。

ボトルの側面に、澱が大量に付着しているのが、よくわかる。

我が家で、5年も寝ているのだから、当然かも。

シャトー・バラトー

香りは、程よい、果実香が心地よい。

ストロベリー、ラズベリー、ブラックチェリー、

青草、腐葉土、胡椒、なめし革、インク

さすがのボルドーの香り。

シャトー・バラトー

15年の歳月で、嫌なアルコール感は全くなく、アタックは穏やか。

酸味はしっかりとあり、渋みもしっかりとあり、バランスがよい。

タンニンはすっかり落ち着いているので、まさに美味しい渋さ。

開栓直後、ブドウ本来の甘みをたくさん感じたが、

後半、酸味が増して来るのが、少し残念。

まさに飲み頃なんでしょうね。

もし、ブドウ本来の甘みが消えていってしまうのなら、

これ以上の進化はなさそう。飲み頃、最後なのかな?

シャトー・バラトー
現在楽天で販売中の「シャトー・バラトー」

  更新の励みになります。
 ↓ポチッと↓お願いします↓ポチッと↓  <(_ _)>
人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの殿堂へ JRANK
↑ランキングに参加しております。↑応援クリックよろしくお願いいたします。↑



 シャトー・アルノー 2005 さすがに旨いぞ

1/21

CHÂTEAU ARNAULD 2005

生産者: ティユ・ロギ家
産 地: フランス ボルドー メドック アルサン村
格付け: A.O.C.オー・メドック クリュ・ブルジョワ・シュペリュール
品 種: カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー40%
熟 成: オーク樽18ヶ月間(新樽比率40%)
タイプ: フルボディー
ALC: 13%
購入額: 2,678 円
購入店: 京橋ワイン
CHÂTEAU ARNAULD 2005

2003年のブルジョワ級格付け見直しの際、87認定された

「クリュ・ブルジョワ・シュペリュール」に格上げ

CHÂTEAU ARNAULD 2005

ブドウ畑は、マルゴー村の北約10Kmのアルサン村にあり

左岸でもジロンド河に近い大きな石や砂利などが転がる、テロワール。

総栽培面積は38haほどで、全て無農薬に近い「リュット・レゾネ」での栽培、

摘み取りも手作業で行います。

CHÂTEAU ARNAULD 2005

良質なロングコルクにも、クリュ・ブルジョワの刻印があります。

色の濃さは、中ぐらで、紫がかっていない赤。

多少曇りのある。濃い目のガーネット色。

やや、粘性があり、涙も普通にあります。

CHÂTEAU ARNAULD 2005

開栓直後から、すばらしい香りです。さすがです。

ストロベリー、ラズベリー、プラム

オークの樽香、腐葉土、ジビエ、インク、胡椒、わずかなバニラ

CHÂTEAU ARNAULD 2005

アタックもふくよかで、果実味が豊かで、

落ち着いたタンニンでまろやかな渋み。

酸味は控えめで、ブドウ本来の甘さとうまみが出て来ます。

さすが、2005年と言うべきなのでしょうか?

余韻も長く心地よく、後味に、甘さ、うまみが口に残る。

複雑さを感じる、飲み頃となったフルボディーのメドックです。

3年もセラーに寝かせていてよかったと思う1本です。

CHÂTEAU ARNAULD 2005
現在楽天で販売中の「シャトー・アルノー」

  更新の励みになります。
 ↓ポチッと↓お願いします↓ポチッと↓  <(_ _)>
人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ ブログの殿堂へ JRANK
↑ランキングに参加しております。↑応援クリックよろしくお願いいたします。↑